amashowのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS らららクラシック

<<   作成日時 : 2017/08/12 05:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ストラヴィンスキーの「春の祭典」〜時代を変えた衝撃の音楽〜 ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」は20世紀を代表する
名曲です。甘いメロディーや感動的なハーモニーがない音楽の斬新さに、
パリで行われた初演では怒号渦巻く大混乱を引き起こしました。
クラシック音楽を変えた衝撃の作品の秘密を、自身バレエのレッスン・
ピアニストだった宮川彬良さんが解き明かします。

史上空前の混乱の中で感じた「幸福」

1913年5月29日、バレエ「春の祭典」はパリのシャンゼリゼ劇場で初演されます。美しいステージを期待してやってきた観客は、斬新な音楽と演出に戸惑い、バレエを肯定する客との間でけんかが起こります。あごを押さえたダンサーのポーズに「歯医者を呼べ」と野次が飛び、大作曲家サン・サーンスが音楽に不快感を示して席を立つ中、ストラヴィンスキーは終演後、「幸せだった」と語ったのでした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
らららクラシック amashowのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる