amashowのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS らららクラシック

<<   作成日時 : 2017/08/05 05:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベートーベンの「田園」〜苦しみの果ての平和な風景〜 くる日もくる日も森を歩きまわり、耳が聞こえなくなった悲しみを
癒したベートーベン。ハイリゲンシュタットの田園風景に見出した
ものとは。宮沢賢治も愛した、自然への愛にあふれる交響曲に
せまります。

宮沢賢治が愛した「田園」

ベートーベンをこよなく愛した、岩手出身の詩人・童話作家の宮沢賢治。田畑を背景にたたずむ有名なポートレイトは、なんとベートーベンの肖像画をまねて同じポーズで撮ったものでした。とりわけ「田園」を愛した賢治は、この曲にインスピレーションを受けた詩や小説をいくつも残しています。 5楽章からなる「田園」は、全体で一連の物語をしめす曲。田舎にやってきた心晴れやかな気分を描いた第1楽章。第2楽章は小川のほとりを散策。やがて農民たちのお祭りに出会う第3楽章。そこに激しい雷雨が降る第4楽章。そして第5楽章は雨がやみ、自然の恵みに感謝。賢治の胸にも深く響いた、ベートーベンの自然へのまなざし。日本の田園風景にも通じる普遍的な魅力こそベートーベンの凄さなのです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
らららクラシック amashowのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる